TOP ⁄ CONCEPT

1889年にジャンヌ・ランバンによって創設され、現存するフランス最古のクチュールメゾンである「ランバン」。美しいだけでなく心地よいファッションで女性に装う喜びを、伝統的なテーラリングをルーツに、柔らかく仕立てられる男性服は“すべての男性のために”。モダンなエレガンスに強さを秘めて精緻なバランスで展開するモードは、いまも進化を続け、世界中から愛されています。

「ランバン コレクション」はそのセカンドラインとして、ファーストラインのイメージを受け継ぎ、ラグジュアリーな素材と完璧なカッティング、細部にまでこだわった繊細なディティールは上質でモダン、ソフィスティケートされたアイテムを展開します。ファッションやライフスタイルを確立した、独創性豊かなすべての人のあらゆるシーンにフィットする、トータルコレクションをそろえています。

退廃のかけら

城のファセットは様々、研磨された石のよう、時にきらびやかで豪華、時に素朴でマット…

  • リージェント ダイヤモンド

    …その日最初の太陽光のピュアで氷のようなリフレクション、ボヘミアのクリスタル シャンデリアと巨大な鏡を横切る。 影の光のより強力なコントラスト、薄明かりを取り出したようなサロンの画家の絵の華やかな顔のよう…

  • 神秘的なエメラルド

    …午後の強い光線のボタニカル ガーデン、池の濁った水が突然太陽光線によって透けて見える、ケージの中の鳥達の羽毛のような緑のニュアンス。

  • 夜の赤いルビー

    マットなジャガード織りの小さなサロンの輝くタピスリー、冷たい石の上にあるビロードの深紅のカーテン。温かく居心地の良い暖炉、夕暮れ時に、煙突の炎の赤いリフレクションによって照らされる…

  • 星空の青いサファイヤ

    …ランドスケープをまとった夜のカラー、青みがかったラストニュアンスを垣間見る、野草の花々のモアレ模様、忘れられたウエイティング ルームの使用感のある壁の色彩、深いリフレクションとミステリアスな月の光のもと、この大きな冷たげな屋敷…